FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-01-24 (Mon)
映画「ハーブ&ドロシー」を観ました。
http://www.herbanddorothy.com/jp/

マンハッタンのアパートに暮らすごく普通の老夫婦、ハーブとドロシーが、
30年以上にわたってこつこつと現代アート作品を買い集め、
膨大なコレクションを築いたという、本当にあったお話です。


アートを買う基準はたった2つ。
自分たちの収入で買える値段であること。
そして、小さなアパートに収まるサイズであること。

1LDKの小さなアパートは、壁も天井も、トイレやキッチンまで
アート作品でぎっしり埋め尽くされ、
ベッドの下の作品が増えていくにしたがって
ベッドがどんどん上に上がっていくというほど。

やがて、4000点にも膨れあがったコレクションを
ナショナル・ギャラリーに寄贈する決心をします。
彼らのコレクションは、すでに価値の高騰したアーティストの作品ばかりで、
売れば大富豪になれたにもかかわらず、
1点たりとも売ることはなく、
今も小さなアパートで、慎ましいながらも幸せな生活を送っています。
「公務員だった自分たちが、定年退職した今、今度は市民に還元したい」
という持論です。



彼らは、一緒に暮らしている猫や亀や魚たちと変わらない愛情を現代アートに注ぎ、
アート作品と一緒にいるだけで幸せだったんでしょうね。

それでも作品に対する審美眼たるや並外れたものがありました。
アーティストたちもふたりに信頼を寄せていて、
アーティストの方がハーブの言いなりになっていたりするところが
ちょっと笑えました。

クリストとジャンヌ=クロード夫妻が長期間家を空けることになり
飼い猫をどうしようかと困った際、
コラージュ作品をただであげる代わりに
猫の世話を半年間彼らに頼んだというエピソードからも
アーティストとの信頼関係がうかがえます。


ハーブとドロシーは
ミニマルアートやコンセプチュアルアートを中心にコレクションしているにもかかわらず、
アートを理屈で考えるのではなく、
作品を実際に見て、心に響いた作品のみを買います。
リチャード・タトルによれば、
「目から入ってきた情報を、脳を通過させずに、直接魂に送り届ける」のです。

彼らのアートへの接し方を見ていると
自然を見たり、自然と触れ合うのと同じだと思いました。
アートと接することは、資産や社会的地位に関係なく
私たちの生活をなんと豊かに潤してくれることでしょう!



ハーブとドロシーは、今日もふたり仲良く手をつないで
ギャラリー巡りをしていることでしょう。

手をつないで歩いている姿がとてもキュートで、
生き方がとてもチャーミング。
こんな人生って素晴らしい。

心温まる微笑ましい映画でした。


スポンサーサイト
| アート・デザイン・エンタメ | COM(0) | TB(0) |
2011-01-10 (Mon)
埼玉県立近代美術館で開催されている
「植田正治写真展ー写真とボクー」を観に行きました。
http://www.momas.jp/003kikaku/k2010/k2010.12/k2010.12.htm

植田正治は大好きな写真家の一人で、
鳥取にある植田正治写真美術館には以前から行きたいと思っていたものの、
遠くて未だに行けてません。
でも今回、初期から晩年にいたる約200点もの作品を観ることができて
植田正治の世界にどっぷりと浸ることができました。


植田正治は、80年代の「砂丘モード」シリーズなどのファッション写真が有名で、
実際私もそれらの写真で植田正治という名前を知ったのですが、
その頃すでに70歳を越えていたというから驚きです。

しかも初期の30年代の頃からすでに
植田正治ワールドが確立されているのです。


生涯、地方のアマチュア写真家を自称していたからこそ、
国境や流行を超越した
独特の世界観を築き上げることができたのかも知れません。
植田が本当にこだわったのは、
プロやアマチュアという肩書きではなく
『自由に』写真を撮ることだったそうです。


「砂丘は巨大なホリゾントである」と自身が語っているように
植田にとって山陰の海辺は最高のスタジオだったようです。

背景は自然の風景なのに
無駄なものを一切排除した完璧な空間構成。
まるで人物やオブジェをコラージュしたような演出写真なのに、
どこか温もりがあり、懐かしさを感じる写真たちでした。




| アート・デザイン・エンタメ | COM(0) | TB(0) |
2010-12-26 (Sun)
東京、丸の内の三菱一号館美術館で開催されている
「カンディンスキーと青騎士展」を観に行きました。
http://mimt.jp/aokishi/

カンディンスキーは、抽象絵画の先駆者として有名で、
完全に抽象画として完成された、幾何学的要素の強い作品は
何度も見たことはありますが、
この展覧会は、まだ世の中に抽象画というものが無かった時代に、
具象画から徐々に抽象画に移行していく過程が手に取るようにわかる
貴重な展覧会でした。

1908年から1911年の作品が特に興味をそそられました。
まだ具象的要素の強い風景画が、どんどん簡略化され
抽象化されていく過程を見ていくと、
目に見えたものをそのまま描くことよりも
作家が何を表現したいのか、何を第一に考えているのかが
分かってきました。

おそらく日本人の中には
抽象画は難解だから観ない、という人も多いのではないかと思いますが、
抽象画は分かる必要はなく、
ただ感じればいいんじゃないかという気がしてきました。

現に、1913年にカンディンスキーが描いた
『コンポジション?のための習作』などは
あまりに抽象的で、何が描かれているのかさっぱり分かりませんが、
今回の作品の中で一番心打たれました。
http://mimt.jp/aokishi/exhibition/03.html



三菱一号館美術館には初めて行きましたが、この建物も素晴らしいし、
日曜日なのにゴッホ展やドガ展みたいに混んでなくて
ゆったり観られたのはいいのですが、
逆に言えば、このような展覧会に興味のある人が少ないというのは
とても残念なことです。

小学校などの美術教育でも、
抽象画を鑑賞して、いろいろなことを感じて
想像力をふくらませるような教育をしてほしいものです。


| アート・デザイン・エンタメ | COM(0) | TB(0) |
2010-12-21 (Tue)
横浜美術館で「ドガ展」を観ました。
http://www.degas2010.com/

こういった展覧会に行くと、いつも思うのは
天才と言われる人ほど、人の何十倍も努力しているということです。
ドガも、ゴッホと同じように
若い頃は毎日ルーブルに通って模写を繰り返したそうです。

また、時代は印象派の時代なのに、室内で踊り子の絵ばかり描いていたのも、
目の病気から、屋外で強い日光を浴びるのを恐れたせいだというのも
初めて知りました。

それにしても、『エトワール』、
素晴らしかったです!
大胆な構図に、フットライトを浴びて妖艶に踊る踊り子の一瞬の動きを
見事にとらえていました。
パステルで、踊り子の着ているチュチュの質感や透明感が、見事に表現されていました。
またドガは、舞台の踊り子の華やかな面だけでなく、
舞台袖に立つ黒い服の紳士を描くことによって、
当時の社会の状況まで伝えようとしたようです。

他の油彩画やパステル画も素晴らしかったし、
彫刻作品にも目を見張るものがありました。

ドガが生前、発表した彫刻作品は1点のみでしたが、
死後にアトリエから見つかったという彫刻作品の数々は
小さいけど、なかなかの完成度の作品ばかりでした。

ただ1点、生前に発表した『14歳の小さな踊り子』は
布の衣装を纏っていて
ちょっと気味が悪かったけど・・・。

| アート・デザイン・エンタメ | COM(0) | TB(0) |
2010-12-19 (Sun)
村上春樹の小説は映画化しにくいと言われる中、
トラン・アン・ユン監督がどんな映画を作り上げるか、
興味本位80%くらいで観に行きました。


原作は、発売当初に一回読んだきりで
内容を全く覚えていなかったので、
かえってそれが良かったのかも知れません、
村上春樹独特の世界観が、
そして、ゆらゆら揺れ動く登場人物の心の襞までもが、
たまらなく美しい映像で、良く表現されていたと思います。

小説の内容をもっとよく覚えていれば
細かい所が気になって仕方なかったと思いますが、
映画でこれ以上細かいニュアンスを伝えようとすると
非常に説明的な、つまらない映画になってしまったような気がします。


主演の松山ケンイチさんが、
村上春樹作品に出て来る主人公そのものの雰囲気で、
私のイメージにぴったりでした。
あまり感情を表に出さないタイプの主人公が、
直子さんが死んでしまって、岩場で泣き崩れているシーンが
印象的でした。

直子さん役の菊地凛子さんは、
最初、女子高生役で出てきた時には、年取り過ぎ?
その後も20歳や21歳にしては老けてる、、、と、かなり違和感がありましたが、
そこは圧倒的な演技力でカバーしていたと思います。
大草原の中を早足で行ったり来たりしながら
悩みを告白するシーンは圧巻でした。

緑さん役の水原希子さんもキレイでしたし、
ちょっとした役にスゴイ人達が出ていて、楽しめました。
たぶん、このスゴイ人達、村上春樹さんと同年代だと思います。


登場人物の言葉遣いや淡々とした語り口なども
村上春樹作品そのものでした。
トラン・アン・ユン監督自身が脚本を手がけたらしいですが、
あの言い回しやしゃべり方を違ったものに変えてしまったら、
村上春樹文学から遠く離れたものになってしまったでしょう。


映画の終わりに、画面が暗くなり、
エンドロールとともにビートルズの音楽が流れてきた瞬間、
胸がキュンと熱くなりました。


人を愛するとは?生きるとは?死ぬとは?
あらためて考えさせられる映画でした。

近いうちにもう一度、原作を読み直してみようと思います。


| アート・デザイン・エンタメ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。